香坂行政書士事務所

 二宮町宅建業免許申請代行センター


対応エリア:二宮町、大磯町、秦野市、中井町、大井町、松田町、開成町、山北町、小田原市、湯河原町、真鶴町、箱根町を対応します。宅建業の免許申請のお手伝いをいたします。ぜひ一度お問合せください。
トップページ 許可の要件 宅地建物取引士について 宅建業免許申請の流れ サービス内容と費用 お問合せ
 

  宅建業を営みたい方をサポートします!

宅地建物取引業を営むには、宅地建物取引業法に基づく知事免許か国土交通大臣の免許を受けなければ営むことができません。また、免許を受けるには一定の要件があります。例えば、それぞれの事務所に専任の「宅地建物取引士」が一定の人数がいるか、役員や使用人等に過去欠格事由に該当するものがいないか、宅建業を営む事務所は事務所としての機能を有しているか等、様々です。当事務所では、そういった事を一つ一つクリアし、最終的に宅建業が営むことができるようになるまで真剣にサポートしていきます!また、宅建業を営んでからの相談も真摯にお受けいたします。まだまだ勉強中の身でありますが、一緒に頑張っていきましょう!ぜひ一度お問合せください。
 

  宅地建物取引業とは

宅地建物取引業とは、不特定多数の人を相手にして、宅地又は建物を、売買・交換・賃貸といった行為を反復・継続してして行うことをいいます。自己物件を賃借する行為のみでは宅地建物取引業には該当しません。以下表を参照してください。
                         
区分
自己物件
他人の物件の代理
他人の物件の媒介
売買
交換
賃借
×
宅地建物取引業を営むには、免許が必要となります。

 

  免許の種類について

事務所を設置する所在地により免許の種類が分かれています。下表を参照してください。

        
事務所の設置場所
免許権者
免許の区分
1の都道府県内にのみ事務所を設置
本店(事務所)所在地を管轄する都道府県知事
都道府県知事免許
2以上の都道府県に事務所を設置
国土交通大臣
国土交通大臣免許
免許の申請窓口は、知事免許の場合は都道府県へ、国土交通大臣免許は本店所在地を管轄する都道府県です。
 

  免許の有効期間について

宅建業の免許の有効期間は5年間です。その後は、免許の更新申請をしなければ、免許失効し、宅建業を営むことができなくなります。なお、免許更新は有効期間満了日の90日前から30日前までに行います。免許更新のご相談もお受けします。お問合せください。

Copyright © 2015 二宮町宅建業免許申請代行センター All rights reserved.
by 香坂行政書士事務所